岡山県タクシー興業

当社はタクシー業界が母体の会社です。


会社概要

                         
資本金44,000千円
代表者永山 久仁彦
住 所岡山県岡山市中区旭東町2丁目10番8号
TEL086-273-1151㈹
FAX086-273-4561㈹
役 員代表取締役社長……永山 久仁彦 (下電観光バス株式会社 取締役副社長)
代表取締役副社長……谷本 匡彦
取 締 役……土江 富雄 (岡山交通株式会社 代表取締役兼CEO)
取 締 役……平田 啓子 (旭タクシー株式会社 代表取締役)
取 締 役……梶川 信和 (東和タクシー株式会社 代表取締役社長)
監 査 役……大木 義正 (岡山両備タクシー株式会社 代表取締役兼COO)
監 査 役……中山 雅弘 (プラザ交通株式会社 代表取締役社長)

沿革

昭和37年
 岡山市内のタクシー会社8社がタクシーチケット(紙チケット)の共通化を図り、 処理業務等を目的に岡山県旅客自動車共同組合を設立する。
昭和39年
 岡山市内の法人タクシー1社が加入して9社となり、 名称を岡山県旅客自動車事業協同組合に改称する。
昭和44年
 岡山市内の法人タクシー8社も加入し、17社の共同出資で会社を設立。社名を「岡山県タクシー興業株式会社」とし、 タクシーチケット処理業務を主体とする。その後岡山県内各地区の信販会社(商店街組織)に発行業務等を委託し、 弊社を母体に各地区とチケット交換業務を開始してタクシーチケットが全県内(一部地域は除く)で使用できる体制を確立する。
平成 9年
 タクシーカードシステムを導入してタクシーカード事業の本格運用を開始する。
平成12年
 タクシーチケットを復活させ、タクシーカードとの併用運用となる。
平成15年
 タクシーカードはタクシーメンバーズカードのみの運用となる。 また、タクシーチケットは近隣地域の同業者と提携し、使用エリア拡大を進める。
平成16年
 タクシーチケットの使用エリア拡大を目指すために「CTネットワーク」体制の確立を進める。
平成17年
 タクシーチケットのOCR処理(自動読取)とメンバーズカードデータ処理の一元化新システムでの運用を開始する。 また、クレジットカードの取扱いを開始する。
平成25年
 タクシーチケットのOCR処理精度向上や利便性を目指してシステムのバージョンアップを図り、 チケットの自社印刷・製本及び請求書Web配信サービスを開始する。
平成30年
 タクシーギフト乗車券の取扱いを開始する。